自動車事故に合った経験

私は今までに一度だけ、自動車事故に合ったことがあります。
今からだいぶ前の20代の頃ですが、雨の日に細い抜け道を走っていたら、突然ゆるやかなカーブになっているところで対向車が私の車の前に飛び出してきたのです。
ビックリして少しハンドルを左に切りましたが、そもそも細い道なのでよけきれるはずもなく、私の右側のバンパーに対向車がバーンとぶつかってしまいました。
すぐに対向車から運転手が下りてきて、「スミマセン、スピードを出しすぎちゃって…」と謝ってきました。とりあえず、変な人じゃなくて良かった!と一安心した私(笑)。
すぐに警察を呼びましたが、私と対向車の運転手をそれぞれ引き離してから話を聞き、「じゃぁ後は保険会社に連絡してね」という感じで、10分足らずでサーっと行ってしまいました。まぁ私も相手も怪我をしていなかったので、ただの物損扱いということで時間がかからなかったようです(人身事故だと1時間はかかるようですね)。
私にとって事故は現時点でその1回だけだったので、やはりそのショックは大きく、今でも事故現場を通ると少しヒヤっとしますね。
それに、事故をした日が雨だったので、今でも雨の日の運転はかなり緊張します。特に雨の日の夜などは全身がガチガチになるくらい緊張します(もう免許を取って20年以上になるのですが…)。
でも、事故を防ぐにはこれくらいの気持ちで良いのかもしれませんね。油断すると自己に繋がりかねませんから、いつも慎重に運転していきたいです。